奴隷にされた新妻~あなた、助けて…… 2  DLsite用 作品詳細

 

ご購入はこちら

 

bn_pc_468_60_dojin_01

恥辱なる小説 全作品はこちら

 

 

体験版へ

 


 

【作品概要】

わたしは今日もあの人に犯される!
わたしの身体は、今日もあの人の玩具にされる!
愛する夫でありながら、他人の心を持つ夫。
美しき新妻は耐え忍ぶしかなかった。
淫らな恥辱の仕打ちに女体をくねらせながら、心優しい夫が目覚める時を夢見ながら……
「さすがに太いね。それに実がびっしりと詰まっているから、硬くて手触りなんかも……」
由美子の脳裏に、外皮を全部引き剥かれたトウモロコシの姿が浮かんだ。
「あはぁ、中にぃ……お肉がぁ、ひっぱられてぇ……んぁ、くはぁ……でもぉ、どんどん……」
総文字数 24514字(本文のみ)
縦書き用と横書き用の2パターンを同梱いたしております。
尚、製品版には、既刊小説のお試し版も同梱済みです。

 

bn_pc_468_60_dojin_01

ご購入はこちら

 

 

【登場人物 紹介】

 

平山由美子(ひらやま ゆみこ)

B82-W58-H83 24歳
本作品のヒロインであり、結婚一年目の新妻。
夫である恭一と社内恋愛の末に結婚。慎ましくも幸せに満ちた新婚生活を送っている。
ほどよく整った美形のうえ、優しくおおらかな性格をした女性である。


平山恭一(ひらやま きょういち)

由美子の夫である。
市内の食品会社で営業職を務めている。
男らしい精悍な身体つきをした明るい青年であり、妻である由美子のことは心から愛している。
しかし、彼にはある秘密が……

bn_pc_468_60_dojin_01

ご購入はこちら

 

  

【目次・解説付き】


第1章 極太な野菜は新妻の秘孔に……


第2章 捧げられる新妻の尻穴


第3章 剃毛~恥丘をなぞる銀色の刃


第4章 パイパンの女性器は新妻のたしなみ

bn_pc_468_60_dojin_01

ご購入はこちら

 

 

【第1章 極太な野菜は新妻の秘孔に…… より】

由美子の下半身には、二つのピンクローターがセットされていた。
一つは膣の穴にねじこまれ、もう一つは紙テープによってクリトリスの真上に貼りついているのだ。

それが自宅のマンションを後にした時から、呻りを上げている。
パンティーさえ許されない由美子の下半身で、女の秘肉をいたぶり続けていたのである。

「絶頂して見せたら、どっちも止めてあげる」

恥ずかしい口上を口にすれば。
スカートをたくし上げ、下半身を丸出しにさせれば。
そのうえ、さらにである。

「い、イケば……いいのね……はあぁんっ……」

 

ご購入はこちら

 

bn_pc_468_60_dojin_01

恥辱なる小説 全作品はこちら

 

 

DLsite発行シリーズへ

トップページへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA