おしっこ漏れちゃう~営業ガール・涙の恥辱責め 4 DLsite用 作品詳細

 

ご購入はこちら

 

bn_pc_468_60_dojin_01

恥辱なる小説 全作品はこちら

 

 

体験版へ

 


 

【作品概要】

「はくぁっ! 痛いの、お腹が……それに、あぁ……ものすごく重くなって……」
「おい、じじい! 舞衣子になにを飲ませた!」
「ぐぅっ、その手を離さんか。ただの下剤じゃ。それに小便も良く出る薬を混ぜておいたがの」
下剤とおそらくは利尿剤……
思わず胸倉を掴んだ年寄りの自白に、勝彦は愕然とする。
同時に、己の股間がムズムズとのたうつのも感じた。
『若い女のおしっこ』に悦を覚える男と、その男に脅され、恥ずかしい放尿姿を晒す美少女と。
そんな二人の前に立ちはだかる新たな脅迫者とは……?

総文字数 24996字(本文のみ)
縦書き用と横書き用の2パターンを同梱いたしております。
尚、製品版には、既刊小説のお試し版も同梱済みです。

 

bn_pc_468_60_dojin_01

ご購入はこちら

 

 

【登場人物 紹介】

 

関谷舞衣子(せきや まいこ)

B81-W53-H82  二十二歳
本作品のヒロインであり、大学を卒業後、文具商社の営業として配属された新入社員。
仕事に対してはまだまだ半人前ではあるが、性格は快活なうえに至って真面目。
そのおかげもあり、同僚の男性社員には好かれている。
愛くるしい顔立ちで、学生時代はミスキャンパスに選ばれるほどの美貌の持ち主でもある。

山岡勝彦(やまおか かつひこ)

舞衣子が入社した文具商社の先輩社員。
三十代のころまで職を転々とし、そののちに今の職場に辿り着いたものの、仕事への情熱は高くない。
『若い女がしてみせるおしっこ』に、異様な興奮を覚える性癖がある。

年老いた男

歩道橋での放尿を舞衣子に命じた勝彦が、ギャラリーとして呼び寄せた年寄り。
老いを感じさせない性欲を発揮し、舞衣子の身体を執拗にもてあそぼうとする。

 

bn_pc_468_60_dojin_01

ご購入はこちら

 

  

【目次・解説付き】


第1章 尿意と便意と、悶える白い裸体

電柱に向けて全裸放尿という痴態を、盗撮された舞衣子。それを命じた勝彦もまた、ある男に脅迫される。
深夜の公園へと連れて行かれた舞衣子は、下剤と利尿剤入りのドリンクを飲まされ……


第2章 アナタと一緒ならおしっこだって……

勝彦が見つめるなか、舞衣子は全裸のままオナニーをする。
指で尿道口を刺激し、絶頂を極めながら小水を迸らせ……


第3章 ガラス容器に黄金水を注いで……

オープンカフェの一角で、舞衣子は空になったグラスを手に取る。
勝彦の目が、その他の客の視線が集まるなか、舞衣子はその容器を彼女の股間へと運び……


第4章 二人を包む小水の香り

ミニスカートを履いて職場に出勤する舞衣子。
その彼女に注意を与えるのを名目に、勝彦は彼女を呼び寄せる。服装チェックと称し、舞衣子のスカートをめくるが……

bn_pc_468_60_dojin_01

ご購入はこちら

 

 

【第1章 尿意と便意と、悶える白い裸体 より】

「だ、だめ……おトイレに……うぅ、ウンチも……おしっこも……どっちも漏れちゃうぅっ!」
「くふふっ、良い声で鳴きおる。じゃがな、便所へは行かさんぞ。したければそこにしゃがんですることじゃ。なーに、後で砂を被せておけば、猫の糞とでもごまかせるじゃろうてな」
ここは公園である。
カラフルな遊具が並んだ目と鼻の先には、公共のお手洗いも設けられている。
しかしである。
そこへは行くことは許さないと。
鬼畜な所業なら勝彦を上回る年寄りの言葉に、舞衣子の顔色が絶望の二文字に染められた。

 

ご購入はこちら

 

bn_pc_468_60_dojin_01

恥辱なる小説 全作品はこちら

 

 

DLsite発行単品作品へ

トップページへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA