若妻・寝取られ~あの人の奴隷にされました kindle用  作品詳細

 

ご購入はこちら

 

 

c3

アマゾンサイト内著者ページはこちら

 

 

体験版へ

 


 

【作品概要】

うら若い人妻が、キッチンの壁に寄りかかり自慰をしていた。
床に腰を落とし、腿のつけ根が露わになるほどスカートをめくり上げ、女の割れ目をなぞるように指を使い……
偶然をもてあそぶ運命の女神に導かれ、冴えない中年男はその光景を覗き見し、ついには……

「もう、我慢出来ないんだよ。奥さんの……綾音さんのパンチラじゃ、俺の息子がガマン出来ないんだよ」
「ダメ、そんなの見せないで……」
「一度でいいんだよ。綾音さんとオマ〇コを一度だけでいいから。なぁ……」
「ヒ、ヒィッ! こ、来ないで……」
智道の足が一歩踏み出した。
卑猥な単語と、無茶過ぎる要求と。綾音は腰の後ろに突いた両腕で、なんとか身体を引きずろうとする。
尻もちを付いたままの下半身をウネウネと揺すりながら、色気よりも家計を重視させたベージュのパンティーを惜しげもなく晒している。
総文字数 39943字(本文のみ)

シチュエーション
若妻凌辱・人妻寝取り・若妻オナニー・アナルセックス・スケベ下着
裸エプロン・
夫婦寝室セックス

※ 本作品は縦書きにて構成されています。
※ kindole作品においては、伏せ字なしでご覧いただけます

 

ご購入はこちら

 

 

【登場人物 紹介】

 

木下綾音(きのした あやね)

B84-W58-H86 二十五才
本作品のヒロインであり、結婚してまだ一年余りの若妻。
スタイル抜群な官能的なボディに、どこか愛くるしさを覗かせる美顔の持ち主でもある。
人妻らしいおしとやかで慎ましい性格。
ただ、最近は愛する夫との夜の営みが疎らなのか、少々欲求不満に……

 

神山智道(かみやま ともみち)

水道工務店に勤める作業員。年令は三十五才。
地方の高校を卒業後に都心の大学に進学。
しかし、折からの不況に煽られ、大学を出た後は派遣など様々な仕事を乗り継ぎ、現在は従業員5人ほどの小さな工務店に身を置いている。
性欲は強く、時には強硬な手に打って出ることも。

皆川遥香(みながわ はるか)

智道が勤める水道工務店の社長令嬢である。年令は十八才。
不況風が吹くなか、父親が経営する会社を支えようと、高校を卒業後は事務員として働いている。
持ち前の明るさをバネに懸命にがんばっているが、まだまだあどけなさを残した少女である。

木下和則(きのした かずのり)

綾音の夫である。
中堅どころの商事会社に勤務している。
結婚してまだ一年余りだが、勤めている会社の仕事に追われる余り、彼女との夜の営みは疎遠に……

ご購入はこちら

 

 

【目次】

第一章
覗かれた痴態~股間に沈む人妻の指先

 

第二章
新妻のパンティはベージュ色

 

第三章
ほぐされていく若妻の膣穴

 

第四章
若妻の涙は蜜の味

 

第五章
若妻のアナルはバージンの香り

 

第六章
夜の営みは仮初めの夫と……

 

ご購入はこちら

 

 

【第一章 覗かれた痴態~股間に沈む人妻の指先 より】

「た、助けて……ひぃ、ひいぃぃっっ! 嫌、イヤ……」
綾音にとっては貞操の危機である。
けれども吐き出される悲鳴は哀しいほどに弱々しかった。
智道の両手は、そんな彼女の胸と肩に当てられ真っ直ぐに押した。
大した手応えは感じない。
防水加工の施された床板に向けて、茶色のブラウスに包まれた上半身が押し倒されていた。
「素直にしてたらな、痛い思いはさせやしないから」
「やぁ、許して……神山さん、ダメ……」
おそらくは降りかかった恐怖の大きさに、まだ精神の方が追いついていないのだ。
嗅いだこともない夫以外のオスの体臭を撒き散らされても、青ざめた唇が強張りを強くしているだけなのだ。

 

 

ご購入はこちら

 

c3

アマゾンサイト内著者ページはこちら

 

 

kindle発行シリーズへ


トップページへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA