女の子のおならは好きですか? 女の子のお尻に空気浣腸してみたいですか? 嫌がる女の子に無理矢理に放屁を 3  kindle用 体験版

女の子のおならは好きですか?3 ブログ用

ご購入はこちら

 

c3

アマゾンサイト内著者ページはこちら

 

 

作品詳細はこちら

 


【女の子のおならは好きですか? 女の子のお尻に空気浣腸してみたいですか? 嫌がる女の子に無理矢理に放屁を 3  体験版】 


第三章 玩具のラッパは尻穴で演じられ……


本物の楽器と違い、プラスチック製のソレは単純な構造をしていた。

息を吹き込む唄口(マウスピース)から、音量を増大させるための朝顔(ベル)までを一直線の丸い筒で繋いでいるだけなのだ。

「こんなものかしら? どう、あなた達、チューブの先っぽを感じてる?」

姉妹の肛門に生け花のように挿した玩具のラッパに、麗香はエネマシリンジを挿入させた。
それはなんの対抗もなく入り込み、今や大きく開いた朝顔の部分に、ゴムのポンプがひっつくまでになっている。

「はあぁ、はい……当たってます。優衣のお腹の……ふぅ、中にぃ……」

「ひはぁ、ふはぁ……亜友美もぉ、ちゃんと擦られてぇ、んふっ……」

こんな時でも、お構いなしにバイブは蠢いている。
二度目のエクスタシーに向けて、膣のヒダまで蕩けさせながら、優衣と亜友美はありのままを報告した。

「だったら入れてあげる。あなた達のお腹を風船みたいに膨らませてあげるから、今度はもっといい音色で唄うのよ」

バコ、バコ……ベシュ……

「い、嫌ぁ……空気、入ってきちゃう」

「ふぐむぅ、辛いよ……こんなの、助けてぇ……」

麗香の指が強くポンプを潰し、そのゴム音が接している朝顔に反響した。
肛門がギリギリと悲鳴をあげるくらいに拡張され、筒抜けの空洞のような直腸に空気の塊が注入される。
五十回……百回……
麗香が握力の限りでポンプを押し、姉妹の腹部が膨張を見せ始める。
身体を腰関節の処で折り畳まれ、手首と足首を革の枷で繋がれたまま、圧迫させた腹の皮膚をそれでもピンと張り詰めさせる。
年頃の少女らしく瑞々しい素肌なのに、毛穴の芯まで露わにされていく。

「ぐはぁ、ふぅっ……もう、ムリです……止めてください」

「れ、麗香様……お腹がぁ、呼吸まで詰まって……んぐぁ……」  

 

%e5%a5%b3%e3%81%ae%e5%ad%90%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%aa%e3%82%89%e3%81%af%e5%a5%bd%e3%81%8d%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%8b%ef%bc%9f%ef%bc%93%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%e7%94%a8

ご購入はこちら


そして、百三十回を超えた時だった。

優衣と亜友美が、喉を嗄らして限界を伝えた。
すでに少女達の腹の中には、4リットル弱の空気が詰め込まれていた。

「うふふ、膨らんだわねぇ。優衣も亜友美も、立派な妊婦腹よ。それじゃ抜いてあげるから、盛大に吹いてみせるのよ。お尻の穴でね」

麗香がゴムのチューブを引き抜いた。
入れる時と同様に、なんの歯ごたえもなくチューブの先端が朝顔の口から姿を現した。

「まだ、漏らしちゃダメよ! アタシが合図をしたら、二人一緒に鳴らすのよ」

「あぁ、ダメぇ……」

「も、もう……おなら、漏れちゃう」

愛液を撒き散らし、辱めを続けるバイブさえ、今はその存在が希薄にされる。
肛門の扉を強引に開かれたままなのだ。
どんなに歯を食い縛って括約筋を閉じさせようとしても、腸内でとぐろを巻いた空気は長く防げない。

「吹くのよ! 思いっきりラッパを鳴らしなさい!」

それを知ってか知らずか、麗香が声を張り上げた。
触れるだけで破裂しそうな姉妹の下腹を、固く引き締めた拳で押した。

「ヒハ、ハヒィッ! 麗香様ぁ、嫌ぁっ!」

「ングゥ、グハッ! 亜友美、死ぬぅ……ホントに死んじゃうぅっ!」

哀しい断末魔の声を、優衣と亜友美が吐いた。
同時にヒップ全体が持ち上がる。
高圧な電流が流れたように背骨が痙攣し、バイブと玩具のラッパが刺さった股間を、グイグイと揺らせながらせり上がらせていく。

プパァ、パァ……ポァーッ、ププーゥッ……♪

「はふ、ふぁっ……優衣のぉ、おならラッパ……聞いてくださいませ……」

パプ、プポォ……ポプーゥッ……パァ、プゥーッ……♪

「亜友美のぉ、おならのラッパもぉ……ふぅ、くぅっ……お聞きください」

ふしだらなメロディを、腸内で圧縮されたガスがかき鳴らしていた。
優衣の赤いラッパが。
亜友美の黄色いラッパが。
お互いに競い合うように。
それとも、お互いを庇い合うように。
愛液の垂れる股間を、これでもかと曝け出させて。
バイブが恥肉を嬲り尽くす淫猥な伴奏に載せて。
常人なら見るに堪えない、聞くに堪えない、痛々しいくらいに淫靡な情景を放屁というプレイで表現させて。

「ふぅーっ、はぁーっ……とっても臭いわよ、あなた達のおなら。それに、下品な音……うふふ」  

 

女の子のおならは好きですか?3 ブログ用

ご購入はこちら

 

c3

アマゾンサイト内著者ページはこちら

 

 

kindle発行シリーズへ

トップページへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA