性処理ナース~囚われの白衣2 kindle用 体験版

 

性処理ナース~囚われの白衣2 ブログ用

ご購入はこちら

 

c3
アマゾンサイト内著者ページはこちら

 

 

作品詳細はこちら

 


性処理ナース~囚われの白衣2 体験版


● こちらの商品は、期間限定で無料配布キャンペーンを行っています。 
  (3ヵ月ごとに5日間)

 

 第四章 小水の吐け口はナースの膣孔

「おしっこなら、この子の口の中にすればいいのよ。真希が全部、飲み干してくれるわよ」

「あ、あぁ……嫌、嫌ぁっ! そんなのイヤです!」

景子さんの思いも寄らない言葉に、真希さんの顔から血の気が引いた。
命じられるままに口を開けて上向かせていた顔を、あっという間に振り解くと、ヒステリックに叫んでいた。

「ホントに、してもいいんだね?」

僕は念押しするように景子さんに訊いた。

「ええ、もちろんよ。真希はね性処理ナースなの。その性処理ナースはねぇ、口に入ったモノは全部飲み干すのよ。男の人の唾液だって、ザーメンだって……それに、おしっこだってね」

景子さんが間延びした口調で答えてくれた。
真希さんとキスをした時のセリフを混ぜながら、これはもう決定事項だというように、呆然とする真希さんに目をやりながら。

「真希、誰が口を閉じていいって言ったの? 早く開きなさい! あなたは人間便器なのよ」

「人間……?! で、できません! お、おしっこを飲めなんて、そんなこと……わたしには無理です」

性処理ナースから人間便器だもんね。
唖然とする真希さんだって、さすがに黙っていられない。
涙なら溢れそうなくらい浮かべているのに、今までにないような強い眼差しで景子さんを睨みつけている。
ついはだけてしまった僕のオチンチンにも、恨めしそうな目でチラ見をしている。

「景子さん、どうするのさ?」

おしっこ、おしっこって、何度も聞かされて本当にしたくなっちゃった。
おへその下がズンズンと重くなって、僕は景子さんを見下ろした。
ちょっと拗ねたような口ぶりで言ってのけると、硬く膨張したままのオチンチンを摘まんだ。

 

性処理ナース~囚われの白衣2 バナー

ご購入はこちら

 

「ふぅ、仕方ないわね。だったら翔太君は、下の口にしなさい。もう、我慢できそうにないでしょ?」

「ふーん、下の口だね。景子さんが言うようにおしっこガマン出来ないから、そうさせてもらうね」

下の口って?
いったい誰のさ?
謎かけのような単語と、主語がぼやけた会話と、ただ怯えて身を縮めている真希さん。
エッチなことになら僕の脳みそは瞬時に反応してくれる。
全てを理解して、僕は目を落としていた。

「うふふ、面白くなってきたわ」

口の端を意地悪く緩めた景子さんも、真希さんに目を這わせている。
彼女の股間に這わせていた腕を引き抜くと、すっと身体を離して、素早く背後に回り込んで……

「やぁ、やだぁ……ひぃっ、イヤァッ!」

これが何度目だろう。真希さんが哀しく絶叫させられる。

「あなたが悪いのよ。性処理ナースのくせに聞き分けのないことを言うから」

景子さんの両腕が、真希さんを羽交い絞めにしていた。
不意打ちで上半身の自由を奪われ、和式トイレスタイルだった真希さんのお尻は、濡れたビニールマットの上にべちゃっと引っ付いている。
幼い子供が駄々をこねるように、両足だけを虚しくばたつかせている。

「翔太君、早くオチンチンを突っ込みなさい!」

「OK。真希の下の口を使って、たっぷりとおしっこをしてあげるね」

僕も腰を落としていく。
景子さんと真希さんと、しゃがんだまま抱っこをするように身体を重ねている二人に、向かい合うよう座った。
熱いシャワーのお湯は出し放しのまま、漂っている湯気の濃度を増していた。
白くて、ジメッとしていて、そんな空気を掻い潜るようにして、僕もお尻をひっつけていた。
両腕をジワジワと伸ばしていた。
必死の形相で自由にならない上半身をひねる真希さんの元へと、そのままズルズルとすり寄っていく。

「こ、来ないで! 来ないでってばぁ……ダメェッ!」

 

※ kindole作品においては、伏せ字なしでご覧いただけます

● こちらの商品は、期間限定で無料配布キャンペーンを行っています。
  (3ヵ月ごとに5日間)

 

性処理ナース~囚われの白衣2 ブログ用

ご購入はこちら

 

c3
アマゾンサイト内著者ページはこちら

 

 

期間限定・無料配布作品へ

トップページへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA