女の子のおならは好きですか? 女の子のお尻に空気浣腸してみたいですか? 嫌がる女の子に無理矢理に放屁を kindle用 作品詳細

女の子のおならは好きですか? ブログ用

ご購入はこちら

 

c3
アマゾンサイト内著者ページはこちら

 

 

体験版へ

 


 

【作品概要】

麗しい女性の、恥じらいながら放屁の姿を。
あどけない美少女姉妹が、羞恥に身を震わせながらおならのガスを。
逆らうことが許されない女達の尻穴に、無理矢理に空気を詰め込む放屁フェチな男。
差し出された美尻を割り開き、秘すべき谷間を曝け出し、更には肛門の穴をゴムのチューブで挿し貫いては、容赦のない空気浣腸を行うのだ!
『美少女露出放屁』『エネマシリンジ使用・空気浣腸』『美少女姉妹饗宴・ガニ股放屁』『水中放屁&尻穴ストロー挿し空気注入』
総文字数 50069字(本文のみ)

「今日はこれを使って空気浣腸をしてやる」
パッケージから取り出したエネマシリンジを掲げ、拓郎は滑舌良く地声を響かせた。
「くうき……かんちょう……?」
跪いたまま優衣と亜友美は顔を持ち上げ、そのアイテムを見つめ直していた。そして壁に反響する単語を、姉の優衣だけが辿るように復唱した。
「その空気浣腸を、今日はお前達だけでしてもらう。優衣は妹のケツの中に。亜友美は姉のケツの中に、互いにポンプを押しあってな……はははっ」

シチュエーション
放屁,おなら,空気浣腸,エネマシリンジ,妊婦腹,美少女姉妹,性奴隷,凌辱,羞恥

※ 本作品は縦書きにて構成されています。
※ kindole作品においては、伏せ字なしでご覧いただけます

 

女の子のおならは好きですか? バナー用

ご購入はこちら

 

 

【登場人物 紹介】

立花優衣(たちばな ゆい)

B81-W56-H80
本作品のヒロインであり、亜友美の実姉である。
ある事情により、亜友美と共に闇の組織によって監禁されていたが、ジョージと名乗る男の手筈で、拓郎の屋敷へ連れて来られる。
組織内では性奴隷にされるべく調教を受けており、処女は喪失させられている。
冷静沈着な性格をしており、妹のことを第一に思う心優しい美少女である。

立花亜友美(たちばな あゆみ)

B75-W54-H76
本作品のヒロインであり、優衣の実妹である。
姉と共に闇の組織に監禁されていたが、優衣と同様、拓郎の屋敷へと連れ込まれる。
組織の連中によって惨い性調教を受けさせられ、彼女のまた処女は失っている。
セミロングな髪が似合う美少女だが、少し甘えん坊なところがあり、姉の優衣を過剰に慕うことも。

松下麗香(まつした れいか)

B83-W58-H84
本作品のヒロインであり、拓郎の愛人でもある。
年齢は二十五才。二年前に拓郎と知り合い、その後は彼の屋敷で同棲生活を送っている。
朗らかな性格をしており、絶世とは大げさだ相当な美人である。
拓郎のことは今も心から愛しているが、彼の性癖である『放屁プレイ』には抵抗を持っている。

磯田拓郎(いそだ たくろう)

都内でも有数の不動産会社『磯田地所』の社長を務めている。
はかし実質な経営は、副社長でもある義弟に任せており、彼自身は郊外にある屋敷で悠々自適な生活を送っている。
『女性の放屁』や『空気浣腸』という特異な行為に、このうえもない悦を感じる。
いわゆる『おならフェチ』或いは『放屁フェチ』と呼ばれる性癖を持ち合わせている。

ジョージ

拓郎が隠し持つ性フェチの良き理解者である。
そういったフェチな者達が集うサイトで拓郎は彼と知り合い、今では親しい友人の仲である。
しかしジョージは、人身売買などを手掛ける組織に身を置いており、優衣と亜友美の身を案じた彼は、拓郎にあるプランを持ち掛け……

女の子のおならは好きですか? バナー用

ご購入はこちら 

 

【題名】

第一章
女の放屁に欲情する男

第二章
美少女姉妹という配達物

第三章
女体検査は放屁の音色で判定

第四章
美少女姉妹のガニ股放屁

第五章
肛門を彩るラベンダーの香り

第六章
姉は妹を、妹は姉を、空気浣腸の試練

第七章
水中放屁&尻穴ストロー挿し

女の子のおならは好きですか? バナー用

ご購入はこちら 

 

【第四章 美少女姉妹のガニ股放屁 より】

「あと2分だけ待ってやる。それまでに二人揃って屁をかませなかったら……ふふっ、浣腸のお仕置きだな。朝飯に食ったモノを、俺と麗香とでお前達のケツの穴から掻き出してやる。いいな」
「んぐ……あぁ、ひどい……」
「か、かんちょう?! そんなぁ……亜友美、もっと恥ずかしすぎて死んじゃう」
「だから勝手にあたしを……最低ね」
支配する男。支配される哀れな姉妹。居合わせただけで巻き込まれる不運な女。
三者三様の立場で交わされる声音。
三人の女と一人の男で、変えられてしまった時の流れ。
「急げよ、残り一分三十秒だぞ」
拓郎が腕時計に目を落としていた。
鋭く突き刺さるような声の響きに、冗談ではない。男の本気さが、透かし見える。
「あぁ、亜友美……おなら……ふぅ、するの。ゆっくりと息を吐いて……お姉ちゃんを見て……」
陰鬱で殺伐とした地下空間で、優衣の裸体が揺れた。
年上というだけで。
姉というだけで。
性奴隷にされた哀れな身分を一心に背負うようにして、落とし気味にさせた腰を前後させる。妹に呼びかけながら、なのにニヤ付く顔で覗くモノにアピールするように、卑猥なダンスまでおまけして。
※ kindole作品においては、伏せ字なしでご覧いただけます

 

 

女の子のおならは好きですか? ブログ用

ご購入はこちら

 

c3
アマゾンサイト内著者ページはこちら

 

 

kindle発行シリーズへ

トップページへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA