美少女奴隷・淫獄の世界2 DLsite用 体験版

 
美少女奴隷 淫獄の世界2 ブログ
 
 

dlsitebn1

ご購入はこちら

 

bn_pc_468_60_dojin_01

恥辱なる小説全作品はこちら

 
 
 
 
 



【美少女奴隷 淫獄の世界2 体験版】


第5章  乳首綱引き

闇に溶け込むような黒い糸が、型紙から解かれていく。
美嘉はそれを両腕を一杯に伸ばした長さで切断すると、また同じ動作を繰り返していた。
結局3本の同じ長さの糸を作ると、そのうち1本を待機する和樹に。
1本を美嘉が握り、残り1本を自分のポケットへと収めた。

「美嘉、何をする気なの?」

「さあ、何かしらね。和樹、こっち来て」

怯える眞希に目を細めた美嘉は、和樹を手元に呼んだ。

「その糸で、この子達の乳首どうしを結びつけてくれる? 和樹は智香をお願い。アタシは眞希のを結ぶわ」

「嫌っ! そんなの……やだ、お兄ちゃん、止めてっ!」

「美嘉、来ないでっ! お願いよぉっ……」

ピンと張った糸を握り締めたまま和樹が智香に迫る。
テニスで1勝も出来なかった恨みを晴らすように、美嘉の両腕が眞希に伸びていた。
智香と眞希の繋がりの象徴だった手と手が引き離されて、向かい合うように立たされた。
包み込むには大きすぎる眞希の乳房と、幼い膨らみを露呈する智香の乳房が、漆黒の糸で繋ぎ止められていく。
愛の絆から淫獄の絆に変化させられて。

「和樹、遠慮せずにしっかりと結んでよ。乳首が千切れるくらいにね!」

「痛いよ、お兄ちゃん。んんっ……くうっ!」

「痛いッ! 美嘉、ホントに……乳首がぁ……グッ、千切れるぅッッ!!」

美嘉に従っているとはいえ、智香を担当する和樹には多少の手心が有ったかもしれない。
だが美嘉は違った。
殺気だった目で眞希を睨みつけると、サクランボ色をした乳首を摘みあげ、細い糸を何重にも巻き付けた後、力任せに引き絞ったのである。
過敏な蕾を痛めつけられる激痛に、眞希は断末魔の声をあげた。
しなやかな上半身をブリッジでもするかのように反り返したまま、浮き上がった両腕で宙を彷徨わせている。
そしてその腕が脇腹から痛みの源泉へと這い寄ろうとし、触れる寸前で踏みとどまらせていた。
美嘉の指が一歩先に、眞希の乳房を撫で始めたのである。

「だめよぉ、眞希。その糸を勝手に外したりしたら……ふふっ、アナタなら分かっているわよねぇ」

「んぐっ……アナタって……最低だわ!」

テニス部という人質を取られた眞希は、前歯に唇を押し当てたまま俯いた。
その口の中に、じわっと血の香りが拡がる。

 

dlsitebn1

ご購入はこちら

 

「ううっ……ぐすっ、ぐすっ……」

「智香、しっかりして。泣いちゃだめ」

わずか1メートルほどの距離を挟んで、眞希と智香は向かい合うように立たされていた。
それを橋渡しするように、彼女達のピンク色の乳首にはグルグル巻きにされた黒い糸が結びつけられている。
これでどうしようというのか?
啜り泣く智香にも、厳しい視線を美嘉に送る眞希にも理解の限度を超えていた。
だが、きっと恥ずかしくて恐ろしい事に違いない。
それだけは、共通する認識である。

「うふふ。やっと準備できたようね。それにしても二人とも良い格好じゅない。心を寄せ合う者どうし、乳首を糸で結ばれちゃって。でも、赤い糸じゃなくてごめんなさいね」

「こんなことをして……私達をどうする気?」

「はんっ、どうする気?って、眞希も学年トップクラスの才女にしては、オツムの回転が鈍いわね。両方の乳首を糸で繋げてあげればすることって、これしかないでしょ。綱引きよっ! あ、糸引きか。眞希と智香、どっちかの乳首から糸が外れるまで引き合うのよ。おっぱいを引き伸ばしながらね」

「う、嘘でしょ……そんな……」

愉快そうに語る美嘉の説明に、眞希の顔から血の気が引いた。
智香にいたっては、すすり泣くというより泣きじゃくっていた。
「あらあら、智香は泣いちゃったの。和樹、アンタお兄さんなんだから、慰めてあげれば」
美嘉が面白半分に、和樹をけし掛けた。
その声を待っていたかのように、無言のペット役をこなしていた和樹がそっと智香の肩を撫でた。

「なに泣いてるの? 智香。身も心も許し合った眞希と愉しめるんだから、嬉しいよね。乳首引き出来るんだしさ」

涙を見せる智香に兄貴面を吹かせてみせる。

「う、うぅ……アナタってもう、お兄ちゃんじゃない。だから話しかけないで! 触らないで!」

その仕草が智香の嫌悪感に火を点けた。
涙にむせびながも、キッとした目で顔を上げると和樹を睨み、嘲笑う美嘉へも同じ目を向ける。

(わたしは屈したりしないから! こんな人達に負けたりしないから! お姉さまと一緒なら怖くないから!)

「な、なによ! 奴隷のくせにその目はなんなのよ! さぁ、引き合いなさいよ。糸が2本とも外れるまで絶対に許さないからねっ!」

美嘉が常軌を逸した目で、ヒステリーのように叫んでいた。

 

dlsitebn1

ご購入はこちら

 

「智香……許してね」

「ううん、わたしは平気。んんっ……はあぁぁ……」

二人の間を繋ぐ黒い糸がピンと張った。パンティー1枚の美少女が、恥辱にまみれた綱引きを開始したのである。

どちらかの乳首から堅結びされた糸が解けるまで、お互いの乳首を痛めつけ合わなければ終わらない。足を引きずるように後退すればするほど、真夜中の公園に哀しい少女の悲鳴が漏れる。

「もっと本気で引き合いなさいよ! そんな屁っ放り腰でやり合っていると、夜が明けちゃうわよ。ジョギングしているおじさんに覗かれちゃうかもよぉ」

美嘉は彼女達の綱引きが始まってから上機嫌である。テニスでは太刀打ち出来なかった眞希と智香が、顔を苦痛に歪めるの見ていると嬉しくて堪らないのである。

「お姉さま、遠慮しないでもっと引いてください。わたしもぉっ……んんっ、んぐうぅぅっっ!」

「あ、あぐっ……智香、わ、分かったから……はんっ、んくうぅぅっっ!」

激痛に顔を歪めたまま声を振り絞る智香。食い縛った歯の隙間から、唸るように声をあげて応える眞希。

その苦悶の悲鳴が漏れる真下では、なだらかな膨らみでしかない智香の双乳が、乳首を頂点にした円錐形の山に引き伸ばされていた。

一方、たわわに実った果実のような眞希の双乳に至っては、その2倍の高さに。乳首を中心に鋭い鋭角を保ったまま、伸ばされた皮膚が今にも弾けそうである。

「な~んか、かったるいわねぇ。和樹、ちょっと」

苦痛に悶える二人に飽きたのか、美嘉がまた和樹を呼んだ。張り切った2本の糸を眺めながら耳打ちする。

「ふふふっ。いいね、それ。だったら僕は智香で構わないよね」

「ええ、いいわ。お兄さんなんだから妹に気合を入れてあげなさい。私は眞希の身体に気合を入れるわ」

また残酷な仕打ちを思いついたのだろう。美嘉と和樹は被虐の笑みを作ると、乳首引きを続ける二人の背後に移動する。

中性的な魅力に満ちた智香のヒップの前に和樹が。既に女性の魅力が満ち溢れている眞希のヒップの前には、美嘉が。

それぞれ配置に付くように立つと、彼女達の腰を覆うパンティーへと腕を伸ばしていく。ウエストのゴムに指を引っ掛けて、するすると丸めるように下ろしていった。

「くぅっ、嫌ッ! やだ、お兄ちゃん、何してるのよっ! パンツ……脱がさないでぇッ!」

「やめてぇ……美嘉っ! いやよっ! あ、あぁ……あぐぅっ!」

ジリジリと後退させる眞希と智香の足首に、引き下ろされたパンティーが絡まっていた。美嘉と和樹の前に、剥き身の卵のように尻肉が露わにされる。

「眞希ぃ、ちょっと喝を入れてあげる。テニスの練習と一緒。これで本気になってね♪」

パシィィーッッ!

「ヒッ! ヒギィィィッッッ!」

「ふふふっ、眞希がいい声で鳴いたよね。さあ智香、お前にも喝を入れてあげるから、いい声で鳴いてね」

バシィィーッッ!

「アクッ! アグゥゥゥッッッ! 痛ッ!」

振り上げた美嘉の右手が、眞希のヒップに炸裂する。美嘉を追うように彼女より一回り大きい和樹の手のひらが、智香のヒップに振り降ろされる。

1回……2回……3回……4回……5回……

ムチのようにしなる腕が風を切り、ピンと伸ばされた5本の指が真っ赤な手形を刻み込んでいく。

少女達の右の尻たぶに、左の尻たぶに、太股の付け根にも、白桃を思わせる二つに割れた狭間にも。リズムよく打ち鳴らされるスパンキングに、キュッと引き締めた眞希と智香のヒップが真っ赤に腫れ上がっていた。

打たれるたびに腰がビクンビクンと震えて、その振動が引っ張り合う乳房にも伝わっていく。

(私……もうだめ。お乳がとても痛くて、それなのに……お尻まで叩かれて……智香、ごめんなさい。お姉さん、限界かも……)

乳首とヒップ。2か所を責められた眞希の瞳が、輝きを失っていく。美嘉のせいで智香よりきつく縛られた乳首は青黒く変色し、見るも無残な姿を晒している。

(お姉さま、しっかりして! こんな人達に負けちゃダメ。そうよ、負けてはいけないの!)

智香の身体も限界に近付いていた。けれども卑劣な行為を愉しむ美嘉と和樹に、どうしても屈したくなかった。

自分の身体だけなら、諦めていたかもしれない。しかし、心身ともに繋がった眞希にまで手を出して玩具にされるのは、耐えられないのだ。

 

dlsitebn1

ご購入はこちら

bn_pc_468_60_dojin_01

恥辱なる小説全作品はこちら

美少女奴隷 淫獄の世界2 ブログ

 

DLsiteシリーズ作品へ

トップページへ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA