新妻 性奴隷への道 2  kindle用 作品詳細

 
新妻 性奴隷への道2  ブログ用

ご購入はこちら

c3

アマゾンサイト内著者ページはこちら

 

※ こちらは『あなたのためなら私は……2』

kindle用ダウンロード版になります

(作品内容に変化はありません)

 

 

【作品概要】

 
愛する夫のために新妻が男たちに犯され、性処理の道具として調教されていくストーリーです。
夫以外の男のペニスに犯される新妻
監視カメラに撮影されながらの夫との愛の営み
露出過剰な衣装での羞恥に満ちた散歩
そして毎日のように男たちに呼び出されての、セックスという名の調教の数々
愛する夫のため、身体を捧げた新妻の痴態をお愉しみ下さいませ。
作品文字数 37550字(本文のみ)

尚、ネトラレ系の苦手な方はご遠慮ください。
鞭打ちなどの残酷なシーンも苦手な方はご遠慮ください。

※ 本作品は縦書きにて構成されています。

新妻 性奴隷への道2 バナー

ご購入はこちら

 
 
【登場人物 紹介】


尾道 若葉(おのみちわかば)

本作品のヒロイン。B88 W58 H89 非処女
2年前に今の夫、祐輔と知り合い1年前に結婚する。
多少おっとりとしているが、明るい性格とショートボブの髪型が似合う美人である。
夫が勤務中に倒れて病院にというニセの電話に騙され、男たちに辱められる。
そして、男たちに命じられるまま、性処理の道具として羞恥で恥辱な調教を課せられている。

速野 玲香(はやの れいか)

B82 W53 H83
『哀しい予告』という曲をヒットさせてそれ以降、アイドル界のトップを走っている超売れっ子の美少女。
今を時めくアイドルでありながら、常に謙虚であり裏表のない性格。
だが事務所発表によると、2カ月ほど前から体調を崩して入院ということになっている。
実態は、金山に捕えられ、若葉とともに性処理の道具として調教されているのだが……

尾道 祐輔(おのみち ゆうすけ)

若葉の夫であり、地元にある中堅不動産会社に勤めている。25才。
真面目という言葉が似合う好青年だが、不動産バブルが崩壊し経営が傾いた会社を支えようと必死で頑張っている。
だが、そのツケが身体に回り若葉を心配させている。


金山 権三(かねやま ごんぞう)

全国では弱小の部類であった東山銀行を実質乗っ取り、全国でも指折りの大手都市バンクにまで成長させた男。
金融系の雑誌でそう取り上げられることもあるが、あまり評判はよくない。
俗に言う成り上がりの金の亡者。
金欲に並び性欲も旺盛で、これまでも数多くの女性を金の力で弄び、使い捨ててきた。
彼の言う持論では『女の穴は、すべて性処理のための道具』ということらしい。


源助(げんすけ)

金山の屋敷で住み込みで仕える下男。
小柄で腰の曲がった初老の男だが、慇懃な物言いと不気味な笑い声がトレードマーク。
常に金山の片腕として、若葉や玲香をいたぶる段取りを淡々とこなしていく。


山瀬(やませ)

自称東山銀行の行員と名乗っているが、その真意は不明。
どうやら金山に金で雇われているらしい。
若葉の拉致では主導的な立場をこなす。


俊治(しゅんじ)

山瀬と同様、自称東山銀行の行員と名乗っているが、その真意は不明。
山瀬よりかなり若く、年齢は若葉と同世代か?
山瀬のことを兄貴と慕って付き従っている。

 

新妻 性奴隷への道2 バナー

ご購入はこちら

 

【目次 解説付き】

第1章  肉棒に鳴かされて、バイブに鳴かされて

若葉は極太バイブで犯される玲香に覆い被さるようにして、金山に後背位で犯される。
玲香がバイブで絶頂し、若葉は金山のペニスに……


第2章  バイブに越しに感じる夫の指

自宅に帰った若葉は男達から手渡された極太バイブで、夫に犯されることを強要される。
理由をしらない祐輔に対して痴女のフリをする若葉は、夫に手によってバイブを挿入され……


第3章  スカートからお尻を食み出させて

若葉を拉致した男達に呼び出された若葉は、露出過剰なテニスゥエア姿のまま、隣街の駅前に連れて来られる。
そこで彼女は……


第4章  羞恥色に染まる素肌

パンティーを穿かせてもらえず、子供用のアンダースコートをヒップに喰い込ませた若葉は、男に命じられるままに駅前を歩かされる。
折り返しからは、リモコンローターを膣内に挿入され……


第5章  祐輔のためなら若葉は……

祐輔の会社が資金繰りに苦しんでいることを知った若葉は、夫に抱かれながらある悲壮な決意を固める。
翌日、金山の屋敷に連れて来られた彼女は、男に向かって……


第6章  鞭打ち一発につき一千万

若葉の願いは、金山の一存で決定される。だがその条件として、若葉は過酷な試練を受けることになる。
一晩中アナルとヴァギナをバイブで犯され、意識朦朧とする玲香が見守る中、金山が握り締めた鞭が唸る。


新妻 性奴隷への道2 バナー

ご購入はこちら


【本文抜粋  第4章  羞恥色に染まる素肌より】


「若葉さんが前を歩くっす。俺っちは後ろから付いて行くっす」
駅ビルの東端から散歩プレイは始まった。
私は遥か200メートルくらい先にある駅ビルの西端で折り返して、ここまで戻って来ないといけないらしい。
その間、両手は後ろで組むようにって。なるべく腰の高い位置で。
そして、どんなに風が吹いてスカートが捲れたって、隠すのは禁止。
もちろん、胸に浮かび上がる赤いポッチも。
「んんっ、見ないで……誰も……私を見ないで……」
そんな私の呟きも虚しくなるほど、無数の視線を感じた。
まだ10メートルも進んでいないのに、正面からも横からもきっと背後からも、突き刺さるような好奇な視線が遅い掛ってくる。
「おい見ろよあの女。こんな所でテニスウェアかよぉ」
「それも、超ミニのな。太腿を全露出というより股間まで見えているんじゃないのか?」
「ああ、歩くだけで白いのがチラチラっとな。にしても、いい女じゃないか。できることなら頬ずりしてみたいぜ」
スーツに身を包んだサラリーマンたちの、あからさまな会話に若葉の心が震えた。
「ちょっとぉっ! なによ、あの女。恥ずかしくないのかしら? スカートもすごいけど、オヘソまで覗かせているわよ」


新妻 性奴隷への道2  ブログ用

ご購入はこちら

 

c3

アマゾンサイト内著者ページはこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] ご購入はこちら  アマゾンサイト内著者ページはこちら 作品詳細はこちら【新妻 性奴隷への道2 体験版】第4章  羞恥色に染まる素肌 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA