新妻はメス奴隷2~アナタ、ごめんなさい 作品詳細

新妻はメス奴隷 2 ブログ   

dlsitebn1

dmm001

ご購入はこちら

bn_pc_200_40_eng_01

dmm004

恥辱なる小説 全作品はこちら

新妻はメス奴隷2~アナタ、ごめんなさい 体験版へ

【作品概要】

 

27才の新妻は元上司に凌辱され、奴隷妻へと調教される!
夫の留守を狙われ、優子は自宅に侵入してきた元上司、山波に暴行される。
更に、セックス時の映像まで隠し撮りされた彼女は、卑劣な要求に屈し、奴隷妻に堕とされる。
「奥さんとベッドで愛し合うんだ。三橋君にも奥さんが乱れる姿を見せてあげないとね」「お願い、それだけは許してください」
「優子、聞こえなかったのか? 僕のチ○ポを挿れるんだよ」
「嫌、恥ずかしすぎます」
「僕のチ○ポを咥え込んだオマ○コが、よく見えてるよ。三橋君にも観賞させてやらないな」

総文字数 約52364字(本文のみ)

縦書き用と横書き用の2パターンを同梱
製品版には、既刊小説全てのお試し版も同梱済み

dlsitebn1

dmm001

ご購入はこちら

 

 

【登場人物 紹介】

 

三橋優子(みつはし ゆうこ)

B84-W58-H86  
27才 本作品のヒロインであり、結婚して半年の新妻。
大学を卒業後、中堅規模の商事会社に事務職として入社するが、同じ社の営業部門にいた秋伸と知り合い結ばれる。
成熟した女性らしい魅惑的な肢体に、どこかあどけなさを残す美顔。
結婚後4ヶ月で、夫の秋伸が子会社に出向することになるが、その間、留守を任された優子を、自宅に侵入した元上司の山波がレイプする。
更には、身体を奪われた恥ずかしい映像をネタに脅迫され……  

三橋秋伸(みつはし あきのぶ)

優子の夫であり、現在29才。
中堅規模の商社に勤めている。
妻の優子とは職場結婚で結ばれたが、新婚生活が始まった矢先に、子会社に出向を命じられる。
本人曰く、やりがいのあるプロジェクトとのことで張り切ってはいるのだが……
学生時代からラグビー部に所属していた影響か、ガッツ溢れる好青年である。

  山波哲司(やまなみ てつじ)

優子が商社に入社した時の上司であり、現在は、夫である秋伸の上司に収まっている。 40代前半ながらも、社内ではやり手と評判の社員であり、ゆくゆくは執行役員という噂さえある。
面倒見が良く、優子も職場の上司として尊敬していたのだが、夫の秋伸が不在中にその彼女をレイプし、自分好みの奴隷妻へと調教を開始する。  

dlsitebn1

dmm001

ご購入はこちら

 

 

【目次 解説付き】

 

第1章  奴隷妻の身だしなみ

平日の夜。優子は山波を出迎えるために全裸となり、首輪と手枷を装着し、それに股間には極太なバイブを挿入させる。
その上からエプロンだけを身に着けた彼女は、夫として接しなければならない山波によって……

第2章  夫婦の寝室は、奴隷妻の喘ぎに染められて

山波は優子を引き連れて、寝室へと向かう。
夫婦の寝室へと入った男は、秋伸と優子が写った写真立てを彼女に飾らせ、その前で淫らな体位でのセックスを命じる。

第3章  膣腔にバイブを、アナルには夫の肉棒を

寝室のベッドで秋伸に愛された優子は、その後で特大のバイブを持ち出しヴァギナへの挿入をねだる。
すべては山波の命令だったが、秘部を淫具に貫かれた妻の姿に秋伸は興奮し、彼女のアナルにペニスを……

第4章  奴隷妻は、メス犬奴隷

山波は、寝室を隠し撮りした映像を観賞する。
そこには、優子と秋伸がアナルセックスをする様が映し出されていた。

更に男は、夫と愛し合った優子のアナルまで曝け出させ、ついには、全裸の彼女を路上へと連れ出し……

第5章  夫の寝息を聞きながら新妻は……

日曜の夜、優子は秋伸に抱かれる。
愛のあるセックスの末、膣内に放たれた精液が子宮に届くのを感じた。
その後、夫が眠りに付き優子はベッドを抜け出すと隣の部屋へ向かう。
そこには、山波が待ち構えており……

第6章  支配される悦び

嫉妬に狂う山波に身体を差し出す優子。
レイプ同然の暴力的な末、男のペニスは滾る精液を……
 

dlsitebn1

dmm001

ご購入はこちら

【本文抜粋   第2章  夫婦の寝室は、奴隷妻の喘ぎに染められて より】

 

「優子、そのまま両手を後ろで突くんだ」
心の動揺が収まらないまま、それでも夜の営みを開始しようとした時だった。
山波が優子に命令した。
「だから、僕の腹に乗せている腕を、優子の身体の後ろに。そうそう、ヒザの上に突いて構わないから」
優子は山波の声に従い、両腕を背中に回すと腰の後ろ辺りで支えた。
クッションの効いたシーツの上ではなく、骨ばった男のヒザ頭に手のひらを付ける。
自然な形で上半身が斜め後方に引き倒されていた。
それにつられて、男性器と女性器が繋がったその部分が露骨なほど露わにされる。
「やだ……こんな格好、恥ずかしすぎます」
そのポーズが完成するにつれ、優子の胸に新たな羞恥心が湧いた。
女として看過できない恥辱な姿勢に、目眩まで覚えるほどの衝撃も受けていた。
「はははっ、僕のチ○ポを咥え込んだオマ○コが、よーく見えてるよ。ああ、そうだ。三橋君にも観賞させてやらないとな」
「ひぃっ! 嫌ぁっ! 見せないで、お願い。あの人にだけは……あ、あぁぁっっ……」

 

dlsitebn1

dmm001

ご購入はこちら

bn_pc_200_40_eng_01

dmm004

恥辱なる小説 全作品はこちら

 

新妻はメス奴隷 2 ブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA