新妻はメス奴隷2~アナタ、ごめんなさい 体験版

新妻はメス奴隷 2 ブログ

 

dlsitebn1

dmm001

ご購入はこちら

 

bn_pc_200_40_eng_01

dmm004

恥辱なる小説 全作品はこちら

 

 

作品詳細はこちら

 

 

【新妻はメス奴隷 2~アナタ、ごめんなさい 体験版】

 

第2章  夫婦の寝室は、奴隷妻の喘ぎに染められて

優子にとって、一番恐れていた時が迫ろうとしていた。
新妻の食事をたらふく食べ終え、風呂にまで浸かった山波が、肩を落とした優子を引き連れて寝室へと向かったのである。
白い裸体に首輪を填めさせられ手枷まで付けた奴隷妻は、長さが1メートルはあろうかという鎖のリードを男に引かれたまま階段を昇っていく。

(いっそのこと、この階段が無限回廊にでもなればいいのに)

虚しい願望は、残りの段数が減るに従い悲嘆な絶望に置き換わる。
胸を反らせて進む山波の後ろで、優子の目に無限回廊の終点が現れる。

「ふーん、はあぁーっ……三橋君とのお愉しみの匂いはしないな。まあ、昨日も一昨日も、優子とオマ○コしたのは僕だからな。はははっ」

寝室のドアを開けた途端、山波の面白くない声が響いた。
優子は聞く気にもなれずに部屋の端で佇むと、主のいないダブルベッドを見つめた。

「おっ! こんな処に……ずいぶんと買い込んでいるじゃないか。パンティーも、ブラジャーも。ふーん、まだ結婚半年だというのに、このパンティーはいやらしいな。お尻のとこがTバックになっているぞ。へぇ、こっちはシースルーか。これだと穿いたままで、恥ずかしい毛もオマ○コも丸見えってやつだな。ん、まだ有るぞ。ははーん、こいつは生理用ショーツか。この股の処にナプキンを貼って……生理の血は見えんな」

「お願いです。あまりジロジロ見ないでください」

色とりどりのランジェリーを漁り、時には変態染みた奇声まであげる山波に、優子はぽつりと呟くように懇願する。
決して声を荒げたりしない。
首輪と繋がった鎖をジャラジャラ引いて、男の腕にすがろうともしない。
昨日、一昨日と、その前の週も、秋伸と優子の二人だけの寝室にズケズケと踏み込んだ山波によって、二人だけの愛の空間を汚されたのだ。
ストーカーのような目で夫婦だけの秘密を探ろうと、引き出しを開け中身を掻き回し、優子が記していた日記に目を通し、挙句には小箱に潜ませていた避妊具まで持ち出して、彼女の前で見せびらかせて。
もう、懲り懲りだった。
散々、恥ずかしい痴態を晒し、女の秘部にペニスまで受け入れたのだ。
今更になって洗濯を終えた下着くらいを覗かれても、どうってことはない。
そんな開き直りの気分を優子は感じていた。

「優子、三橋君とのツーショットな写真があったろう? それをここに置いてくれないかな?」

dlsitebn1

dmm001

ご購入はこちら

その矢先だった。
山波は色彩豊かなランジェリーを床に撒き散らせたまま、思いもよらないことを口にした。 そして、ベッド脇にあるサイドテーブルを指差していたのだ。

「確か、えーっと……湖の畔かどこかで、優子の肩に三橋君が両手を乗せた写真で……確か、僕が初めて寝室に入った時には、飾っていただろう。この辺りにさ」

「あ、それは……その……」

思わず口ごもる優子に、山波はニヤリとする。
彼女の心根は、この男に読み透かされたのだろうか。
同時に、些細な変化も見逃さない異様な観察力にも、背筋が凍る。

「せっかく三橋君の奥さんとこのベッドで愛し合うんだ。何も知らずに出向中の彼にも、せめて大好きな奥さんが乱れる姿を見せてあげないとね」

「お願いです。それだけは許してください」

「ダメだね。キミは僕に従うしかないんだよ。さあ、写真立てをそこに置いて」

見つめてくる山波は柔和な顔をしていた。
けれども、その目は全くといっていいほど笑ってはいない。

「こんなの、ひどすぎる……」

拒む優子を押し退けて、山波が寝室に立ち入ったのは、先週の木曜日のことだった。
咄嗟に、写真立てだけは隠したつもりだったのだが、まさか見抜かれていたとは……

(ごめんなさい、秋伸……)

手枷が巻き付いた右腕が、ドレッサーの引き出しへと向かった。
やるせない自己嫌悪。
それが身体の芯から放射するように全身へ拡散する。
秋伸の笑顔は輝いていた。
それにも増して、優子の笑顔も幸せに包まれていた。

「ふふふっ」

山波が征服者の鼻息で笑っている。
優子は写真立てを抱きかかえるように、揺れるバストに押し当てた。
もちろん、裏向きにして。
朽ち果てかけた女の意地を、それでも見せ付けたくて。
そして、二人だけの思い出をベッドと向き合わせて置くと、新妻は背中を向けた。
お似合いなカップルから立ち去るように、張り詰めたシーツの上へと身をのせた。
スプリングを軋ませながら……
首輪に結ばれた鎖を鳴らしながら……

dlsitebn1

dmm001

ご購入はこちら

「優子、何をしている? こっちを向くんだ」

山波が呼んでいる。
身体を捻って男の顔を見つめれば、自然と、眩しすぎる笑顔とも目がぶつかるのに。

「おい、聞こえないのか? 僕はキミの夫なんだよ」

「はい……申し訳ありません……」

でも仕方ないことなのだ。
優子は『夫』という単語を矢尻のように尖らせて、胸を突かせた。
その痛みが消えないうちに、おひざをしたまま身体を反転させる。

「これは用済みだな」

胡坐をかいて座る山波が、優子の首から垂れさがる鎖のリードを外した。
それをフローリングの床に放り投げた。
不規則に触れ合う金属の音が、真夜中に近い寝室全体に響く。
近所迷惑になりそうな雑音を平気で立てた山波は、手枷の残された優子の腕を引いた。 反らし気味だった上半身が加速を付けて前のめりになり、ポロシャツを着込んだままの胸に抱かれた。

「顔を上げて」

アゴを摘まんで上向かされる。
秋伸の普段着に目線がしがみつこうとするのに、男は許さない。
夫とは似ても似つかない、狡猾さが滲み出た顔で待ち構えると、唇だけを摘まんだように突き伸ばした。

「ふむぅ……むふぁっ、んぐ……ぐふぅっ……」

タラコを干して乾燥させたようなガサついた唇だった。
それがパックリと開いて、優子の薄い唇を呑み込むと、触手のような舌が間を置かずに侵入を開始する。
夕食の味がする唾液も流し込んできた。

「ちゅぶ、ちゅぶ……はんむぅ、むちゅっ……」

閉じようと思えば閉ざせたかもしれない。
けれども程よく力の抜けた唇は、山波の舌を難なく受け入れていた。
無防備に固まった優子の舌は好き放題に弄ばれ、唾液と唾液はミックスさせられた。

(見てはいけない。目を合わせたらいけないのよ)

優子は胸の中で念じた。
呼吸など合わせた覚えもないのに、絶妙な角度で顔を傾げ合いながら。
手のひらの厚みしかない距離で、目と目を合わせて濃厚なキスを続けながら。
そしてサイドボードの上から見つめる写真立てに、助けを求めて逃れようとする眼差しを封じ込めさせようと。

「ごほっ、ごほっ……ハ、ハア、ハァ……」

舌と舌を絡め合わされたディープキスは、結ばれた唇の隙間から唾液が溢れた時点でお開きとなった。
男の匂いを嗅ぐのが嫌で鼻呼吸を止めていたツケが、ここにきて跳ねかえる。
飲み干せなかった唾液が、どっと口の外へと吐き出されて、優子は激しく咳き込んでいた。
涙もポタポタと垂れて、横座りをさせた太股の付け根に付着した。
女と男の哀しみと愉しみを混ぜ合わせた液体が、その肌の奥へと吸い込まれて、こっそりと覗いた陰唇に触れるのを感じた。

dlsitebn1

dmm001

ご購入はこちら

「ほら優子、見てみなよ。こんなに大きくなってるぞ」

「嫌……見せないで……」

口づけは、性行為の始まりを意味する。
山波はそれを実践するように、座ったままでズボンを脱ぎ去っていた。
ついでのように、白いブリーフもそそくさと引き脱ぐと、赤黒く変色したペニスを自慢げに晒した。
それは充分すぎるほど勃起し、エラの張る切っ先からは、先走りの液体まで垂れ流している。

(お口で咥えるの? それとも押し倒されて、そのままアソコに?)

1分も経たない未来を、優子は勝手に妄想する。
頭を上下に振ってフェラチオをする姿を。
仰向けになった優子に山波が覆い被さり、正常位で繋がる姿を。
「優子、聞こえなかったのか? ほら、僕のチンポを挿れるんだよ」
向かい合う山波が、両足を伸ばしたままで優子を呼んでいた。
股間の中心で、穢れの対象みたいなペニスを勃たせて、新妻の花弁との合体を待ち受けていた。

(アソコに入れろって……また、この人の上でセックスさせられるの?)

山波に身体を捧げたあの夜のことを思い出していた。
脳裡に焼きついた消せない記憶である。

「う、うぅ……お願いします、目を逸らせてください」

優子はのろのろと立ち上がると、山波を跨ぎながら声を漏らしていた。
口にしたところで、男の目線が途切れるとは思っていない。
それどころか、挿入される瞬間を凝視されるのに違いない。
跨ぎきり腰を下ろしながら、案の定、男の目を意識した。
急角度でヒザが曲がり、太股を大胆に拡げたその付け根を、赤く充血した女の秘部に、舐めるような視線があることを。

ちゅく、ちゅく……ずる、ずる……ずりゅぅっ……

「んはぁ、硬いぃ……ふぅ、んんっ、あぁぁぁっっ」

そそり立つペニスは、優子の膣肉を掻き分けそのボディを沈めた。
背中の神経が、いやらしい刺激を脳にまで伝えて、強張っていた表情筋が緩むのを止められなかった。

「ふふふっ、チ○ポをオマ○コに挿しただけで、もう感じているんだね。スケベ妻だよ、優子は」

「違います。私は、そんなこと……」

山波のペニスをヴァギナが根元まで咥え込み、その男の腹の上に両手を突いたままでは、説得力のない反論に聞こえる。
しかし、可能な限りで女の恥じらいは見せ付けなくてはならない。
愛する人が、こちらを覗っているのである。
写真立ての中には、清楚な頃の新妻が控えているというのに。

「優子、そのまま両手を後ろで突くんだ」

心の動揺が収まらないまま、それでも夜の営みを開始しようとした時だった。
山波が優子に命令した。

「だから、僕の腹に乗せている腕を、優子の身体の後ろに。そうそう、ヒザの上に突いて構わないから」

優子は山波の声に従い、両腕を背中に回すと腰の後ろ辺りで支えた。
クッションの効いたシーツの上ではなく、骨ばった男のヒザ頭に手のひらを付ける。
自然な形で上半身が斜め後方に引き倒されていた。
それにつられて、男性器と女性器が繋がったその部分が露骨なほど露わにされる。

「やだ……こんな格好、恥ずかしすぎます」

そのポーズが完成するにつれ、優子の胸に新たな羞恥心が湧いた。
女として看過できない恥辱な姿勢に、目眩まで覚えるほどの衝撃も受けていた。

「はははっ、僕のチ○ポを咥え込んだオマ○コが、よーく見えてるよ。ああ、そうだ。三橋君にも観賞させてやらないとな」

「ひぃっ! 嫌ぁっ! 見せないで、お願い。あの人にだけは……あ、あぁぁっっ……」

口の端を上げて話す男の声は、優子には届かなかった。
いや、何を言っているのか理解出来なかった。
したくもなかった。
しかし、その目の前で山波の身体が僅かに傾いていた。
言葉が届こうが理解しようが関係ない。
合わせてはならない人と目線が交わった瞬間、優子は悲鳴をあげた。
世間体も忘れて、甲高い声で喉を震わせていた。
(秋伸、お願いよ……見ないで……優子のこんな姿、見ちゃ、いやぁっ!)  

 

dlsitebn1

dmm001

ご購入はこちら

 

bn_pc_200_40_eng_01

dmm004

恥辱なる小説 全作品はこちら

 

新妻はメス奴隷 2 ブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] 新妻はメス奴隷2~アナタ、ごめんなさい 体験版へ […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA